【シミ】ビーグレンホワイトケアの口コミを信じて購入した結果【トライアル】

【シミ】ビーグレンホワイトケアの口コミを信じて購入した結果【トライアル】

 

SNSでよく見かけるビーグレンですが、

  • ぶっちゃけシミに効果ってあるの?
  • 肌あれしない?
  • 使用感っていいの?

 

こんな事が気になる人もいるのではないでしょうか。

 

実は私もその内の一人だったわけですが、思い切って使ってみたらけっこう良かったんですよね。

 

とはいえ、お金を払うなら損はしたくないのが主婦の本音。

 

それであれば、ど素人のレビューも役に立つかも?と思いまして、実際に購入した私の感想をまとめてみました。

 

 

ちなみに私は36歳、混合肌でややオイリー寄りです。


 

ぜひ最後までお読みいただければと思います。

 

▼いきなり管理人の写メ付きレビューはアイテムごとの感想をクリック▼

 

 

 

⇒ビーグレンホワイトケア(トライアルキット)を見てみる

 



 

ビーグレンホワイトケアトライアルセットの口コミ

商品を購入するなら事前の口コミチェックは欠かせません。私の場合は@コスメをよく参考にしています。

 

特に、同じ年代の口コミは要チェック!
そして、ステマは見たくないので購入者に絞るのが鉄板!

 

私が参考にした口コミをいくつかピックアップしていきますね。

 

良い口コミ

 

 

乾燥肌でも使えました。クレイウォッシュを使うと驚くほど毛穴がきれいになりますし、ローションがよく浸透します。また、Cセラムは暖かくなってクセになります。使用感が良いですね。
このセットがないと不安になってしまうほどに気に入ってしまいました。(36歳乾燥肌)


 

洗顔が優秀でお気に入り。化粧のノリがよくなって、お化粧しやすい肌になりました。乾燥によるかゆみ、カサつきが悩みでしたが、保湿もしっかりされている感じがしましたよ。
お試しセットでこれだけの効果があることに驚きです。(36歳乾燥肌)


 

Cセラムという美容液がお気に入り。じんわりと暖かくなる使用感はやみつきです。気持ちもリラックスします。
ファンデーションの厚塗りをしなくて良い肌にシフトしてきましたよ。敏感肌でも安心して使えました。(35歳敏感肌)


 

美容外科に通うほどシミに悩んでいましたが、使い続けたらシミがどうにかなりそうかも?と思わせてくれるセットでした。
特にクレイウォッシュが好きです。これは使ってみないとわからない感覚かも。トライアルなのでシミは消えませんが、ふと鏡に映った自分を見たら、肌の透明感に驚きました。(37歳敏感肌)


 

使用感とクレイウォッシュの評判が良いですね。使ってみないとわからない良さ、がとっても気になるところです。

 

とはいえ、商品を購入するときは悪い口コミチェックも欠かせません。続いて、悪い口コミも見てみましょう。

 



 

悪い口コミ

 

 

友人に勧められて使ってみましたが、特に可もなく不可もなかったためリピは無しです。肌トラブルはなかったので良かったんですけどね。(36歳乾燥肌)


 

顔全体のくすみが抜けた感じがしますが、シミはなくなりませんでした。使用感、香りなどは良かったですが、1週間で劇的な変化はありませんでしたね。
とはいえほほの毛穴は少し引き締まったような・・・?(30歳混合肌)


 

丁寧なケアを家でできるというのは良いのですが、その分スキンケアの時間が長くなります。肌状態は良くなるのですが、プラマイゼロ?か、ややプラスという感じです。
使用中トラブルがなかったのは良かったです。(36歳乾燥肌)


 

セラムがじんわりと暖かくて良かったです!肌のトーンアップもしたような・・・?
良い評価をしたいところですが、ほかのクリーム類の香りが微妙すぎます。
にんにくを薄めたような香りが・・・
良い商品なのかもしれませんが、この香りが無理なのでリピはなしです。(31歳混合肌)


 

ライン使いアイテムゆえ、手数が多くなるという声もありますね。
にんにくの香りという評価がなんとも引っ掛かります。

 

そうはいっても、使用感はもちろんですが、香りも人によって許容できるものと出来ないものがあります。

 

良い口コミの使ってみなければわからないという感想が気になったので、思い切ってトライアルセットを購入してみました!

 

⇒ビーグレンホワイトケア(トライアルキット)を見てみる

 



 

ビーグレンホワイトケアのラインナップ

がぞ

 

ビーグレンホワイトケアトライアルセットが届きました!上品な白を基調としたパッケージは、清潔感がありますね。

 

このトライアルセットは、7日分で1800円(+税)
送料は無料で購入できました。

 

 

男性にも支持されているアイテムなんだとか!


 

では、それぞれのアイテムの成分と主な特徴について説明してきますね。

 

クレイウォッシュ(15g)

画像
必要な汚れのみを吸着して洗い流す、泡立たないタイプの洗顔料。肌タイプを選ばず、敏感肌はもちろん、乾燥肌やオイリー肌にも使えます。

 

成分

水, モンモリロナイト, イソノナン酸エチルヘキシル, ソルビトール, BG, ココイルグルタミン酸Na, ペンチレングリコール, ココイルグルタミン酸TEA, 尿素, スクワラン, ヒアルロン酸Na, グリチルリチン酸2K, アロエベラ葉エキス, カミツレ花エキス, クズ根エキス, クロレラエキス, カプリロイルグリシン, エチルヘキシルグリセリン, クオタニウム-73, EDTA-2Na, フェノキシエタノール

特徴

この洗顔料は、モンモリロナイトという天然成分の泥がカギとなっています。

 

モンモリロナイトは不必要な汚れのみを吸着します。肌には必要なうるおいは残るため、突っ張りにくいのが特徴。使い続けるたびに正常なターンオーバーへと導いてくれます。

 

また4つの美容成分が肌に潤いをあたえ、肌荒れはもちろん、乾燥による肌トラブルを遠ざけてくれます。

 

成分名 期待できる働き
グリチルリチン酸2K 肌荒れを防ぐ
カモミラエキス(カミツレ花エキス) 肌荒れを防ぐ
スクワラン 肌を保護してなめらかにする
ヒアルロン酸 うるおいを高める

 

 

QuSomeローション (20mL)

肌の水分量を17時間も保ってくれる化粧水。潤うことで角層のコンディションを整え、皮膚のバリア機能を高めます。
また、ローションの後に使うアイテムの効果をぐぐっと高める作用も持っています。

 

成分

水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na

特徴

小さなカプセルに美容成分をぎゅっと閉じ込めた化粧水。浸透性はもちろん、うるおいを長時間肌にとどめる力を持っています。

 

 

17時間うるおう秘密は、このカプセルにあります。


 

一般的な化粧水は、肌に15分しかとどまらないそうですよ

 

このカプセルはビーグレンの独自技術であり、名称をQuSomeRアクティベートコンプレックスと言います。不安定な成分の安定性を高め、成分を最高のコンディションで肌にとどけてくれます。

 

成分名 期待できる働き
ホメオシールド(フカスセラツスエキス) 角層を整える
アッケシソウエキス 肌のバリア機能を構築する
VCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸) 肌の環境をととのえる
EDP3(オリゴペプチド-24) 肌内部から弾力を与える

 

これら成分が最適なバランスでカプセル化されています、

 

Cセラム (5mL)

ビーグレンの製品第一号の美容液。シンプルな配合なのは、ビタミンCの効果をより高めるためなんだとか。
肌に塗るとほんのりと暖かく、使うほどにツヤのある肌へと導いてくれます。

 

成分

PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

 

シンプルな配合だからこそ、ピュアビタミンの効果が発揮されるんだね


 

特徴

即効性のあるビタミンCを高濃度(7.5%)配合。
厳選されたビタミンCは皮脂バランスを整え、乱れがちな肌を整えてくれます。

 

ビーグレンセラム画像

ビタミンCは本来不安定な成分ですが、Cセラムは独自技術を採用しているため、劣化しくくなっています。

 

この美容液にも、QuSomeRのカプセル化技術が生かされてるんだね。


 



 

QuSomeホワイトクリーム1.9 (5g)

ハイドロキノンを含んだ、圧倒的なブライトニング効果を持つナイトクリーム。使うごとに明るく透明感のある肌へと導きます。

 

ナイトクリームだから夜のみ使うよ。


 

成分

水, プロパンジオール, スクワラン, ハイドロキノン, セテアリルアルコール, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, ジステアリン酸PEG?23グリセリル, アスコルビン酸, 3−O−エチルアスコルビン酸, ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸, オリゴペプチド−34, オリゴペプチド−68, オキソチアゾリジン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, ビオサッカリドガム−1, ラムノース, グルコース,グルクロン酸, トコフェロール, グリセリン, BG, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアラミドプロピルジメチルアミン, ステアリン酸ポリグリセリル−10, ステアリン酸PEG?55, ステアリン酸ソルビタン, バチルアルコール, ステアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ステアリン酸コレステリル, リナロール, 乳酸,乳酸K, フェノキシエタノール, ピロ亜硫酸Na, EDTA−2Na

特徴

シミの漂白剤と言われるハイドロキノンを含んだクリーム。
ハイドロキノンは美容皮膚科でも使われていますが、ビタミンC同様不安定なため、日常使いしている人は少ない傾向にあります。

 

そんなハイドロキノンですが、カプセル化の技術により安定性はもちろん、刺激性もおさえることに成功より確かなブライトニング効果を、家で感じることができるようになっています。

 

また、ハイドロキノンの効果を高める3つの美容成分もバランスよく配合されているのも見逃せません。

成分名 期待できる働き
βホワイト(オリゴペプチド-68) 肌の明るさをキープする
TGP2(オリゴペプチド-34) 透明感を高める
ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸 素肌のにごりをよせつけない

 

QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)

朝も夜も使える濃密なクリーム。ゆらぎ肌をうるおいで守り、使うごとに明るい肌へと導いてくれます。ターンオーバーに着目したアイテムです。

 

成分

水, スクワラン, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, グリセリン, シクロペンタシロキサン, BG, ステアリン酸グリセリル, セタノール, ジメチコン, ステアリン酸PEG−45, ジミリスチン酸PEG−12グリセリル, バチルアルコール, ステアリルアルコール, ベヘニルアルコール, パルミチン酸セチル, アセチルテトラペプチド−2, オリゴペプチド−6, ダイズ芽エキス,乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ショクヨウダイオウ根エキス, ゲンチアナ根エキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, コレステロール, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, 乳酸K, 乳酸,パルミチン酸, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, プロパンジオール,ペンチレングリコール, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール, 水酸化K

特徴

肌トラブルはもちろん、年齢肌を感じさせない明るい素肌に導いてくれます。このクリームにも、QuSomeRカプセル技術が応用されています。各々の成分が肌に活力・潤いを与えてくれます。

 

以下5つの美容成分が、最適なバランスでカプセルの中に閉じ込められています。


 

成分名 期待できる働き
ポリアミン(ダイズ芽エキス) 肌弾力を高めてくれる。赤ちゃんの肌にたっぷり含まれる成分。
アップレビティ(アセチルテトラペプチド-2) 肌にハリを与える
ラミリン(オリゴペプチド-6) 肌の強度を高める。海藻類に多く含まれる。
アクアエクストリーム(ショクヨウダイオウ根エキス) バリア機能の強化
ハイビスカス花発酵液(乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液) 肌本来が持つ力を高める

 

多くが植物由来のもので、スキンケアの仕上げに使うことでより保湿効果を高めてくれます。濃密でリッチなクリームながらも、デイリー使い可能なべたつかない作りになっています。

 



 

他社製品との大きな違いは4つ

◆画像◆

 

ビーグレンの公式サイトを見ると、このようなフレーズが記されています。

 

”あなたがもう、新しいスキンケアを
探さなくていいように。”

 

ちょっとドキっとしますよね。
よほど自信があるのかな?と思いながら調べてみたのですが、それも納得。他社製品とは異なる、4つの違いを発見してしまいました。

 

順を追って説明していきますね。

 

独自の浸透テクノロジーを採用している

ビーグレンは、独自の浸透技術を採用しています。
この技術はスキンケア成分がトラブルの元に浸透するだけではなく、肌内部に長時間とどまらせる事を可能にしています。

 

前述した、QuSomeRというカプセル技術がそれに該当するよ。


このカプセルはとっても小さくて、目には見えないサイズになっています。カプセル化することで、不安定な成分も安定させることが出来ます。

 

肌荒れが起きにく、潤うと感じる秘密は、このカプセルにあったということですね!

 

スキンケアコンサルタントに無料で相談できる

コンサルタントは全員で6人。自分が相談しやすいコンサルタントを指名することも可能です。

 

メールなら48時間以内に回答が来るんだって!


 

売りっぱなしではない、きめ細やかなサービスには目を見張るものがありますね。

 

医学誌に掲載されている

ビーグレンは、医学専門誌である『診療と新薬』に掲載された実績を持っています。

 

この専門誌は1964に創刊された医学論文、医薬情報投稿誌なんだよ。


 

『QuSomeローションによる保湿効果に関する効能評価試験』について記されており、一部を抜粋すると、このような記載があります。

今回,我々は乾燥しがちな現代人の肌に対して,化粧水のみでどれだけの時間,肌の保湿が保たれるかを調べるために,乾燥肌を有する女性被験者に化粧水を塗布し,水分量を測定する試験を実施した。
その結果,試験品「QuSome ローション」のみの使用で 17 時間の保湿が保たれることが示され,乾燥肌に対して起床している間の保湿が継続することが期待される。 また,有害事象は特に認めらず,安全性に問題はないものと考えられた。

 

安全性はもちろんですが、17時間保湿効果が保たれることについてもしっかりと記されていますね。


 

以上のことから、ビーグレンの製品はきちんとした『根拠のある製品』であることがわかりました。

 

⇒ビーグレンホワイトケア(トライアルキット)を見てみる

 



 

365日の返金保証がついている

ビーグレンの製品は、すべて注文日から365日間の返品・返金保証がついています。

 

肌に合わなかったり、効果に満足が出来ない場合は期限内であればいつでも対応できます。
製品に自信があるからこそ、このようなサービスを行っているのかもしれませんね。

 

効果的な使い方

ビーグレンの正しい使い方についてまとめてみました。

 

より肌を美しくするは、、正しい使い方や順番をしっかりと把握しておく必要があります。


 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

使う順番

画像

 

ビーグレンホワイトケアを使う順番は、以下のようになります。

 

@クレイウォッシュ
AQuSomeローション
BCセラム
CQuSomeホワイトクリーム1.9 (夜)
CQuSomeモイスチャーリッチクリーム (朝)

 

 

QuSomeホワイトクリーム1.9はハイドロキノンが含まれているので夜のみの使用になるよ


 

クリームにさえ気を付ければ、トライアルキットの左から右の順番へと使うものと覚えておけば分かりやすいですよ♪

 

使用料目安と具体的な使い方

それぞれのアイテムの使用量と使い方を表にしてまとめてみました。

 

品名 使用量 使い方
クレイウォッシュ さくらんぼ大 顔全体に優しくなじませ、1分以内にしっかりと洗い流す
QuSomeローション 直径3センチ程度 顔全体に手でなじませ、いたわるようにハンドプレスする
Cセラム 直径2センチ程度 両手を使って顔全体に塗り込み、やさしくハンドプレスする
QuSomeホワイトクリーム パール1粒〜2粒大 額・顎・両ほほ・鼻に5点置きした後、内側から外へなじませる
QuSomeモイスチャーリッチクリーム パール1粒〜2粒大 額・顎・両ほほ・鼻に5点置きした後、内側から外へなじませる

 

 

※自サイト参照:表に絵を付けておくといいかも

 

◆画像◆

 

商品購入時に使い方BOOKがついているので、そちらを見てみるのも分かりやすくておすすめです。

 

いずれも適切な量を、やさしくていねいに使っていけばOKです♪


 

注意点

繰り返しになりますが、QuSomeホワイトクリーム1.9は朝は使わないようにしましょう。このクリームに含まれるハイドロキノンは、通常肌を明るく導く作用を持ちますが、日光に当たると酸化する性質を持っています。

 

ハイドロキノンが酸化すると、肌トラブルの原因になります。そのためこのクリームに限っては、夜のみ使用するよう注意しましょう。

 

実際にとあるクリニックでは、ハイドロキノンの使い方について以下ように注意を呼び掛けています。

ハイドロキノンは非常に安定性が悪く、酸化してできるベンゾキノンという成分は刺激が強いので、純度の悪い原料を用いた製品や劣化(茶色に着色)したものを使用しないようにしましょう。また、高濃度に長期大量に使用し、無防備に日光を浴びた場合などに色素沈着が起こった例がありますので、ハイドロキノン使用中は必ずUVケアをしてください。

磯村クリニックHPより引用

 

 

QuSomeホワイトクリーム1.9はハイドロキノンがたっぷりと配合されているから、UVケアをしていても朝は使わないほうが無難ですね


写真

 

不安な場合は製品に『夜』とマーキングしておくと間違いがないですよ^^

 

実際日使ってみたアイテムごとの感想

口コミの真偽を確かめるべく、私自信がビーグレンホワイトケアを実際に使ってみた感想をまとめてみました。

 

クレイウォッシュ

外観
泡立てない洗顔料。
クレイというとパックが主流ですよね。洗顔料ってめずらしい!口コミ評価が高かったので、これは期待が高まります。

 

テクスチャ・香り

使用写真
意外や意外、みずみずしいクリームのようなテクスチャー。固くもなく、するすると伸びていきます。さくらんぼ大の量でも十分顔全体余裕でマッサージできました。

 

泥のような香りもせず、ほぼ無臭でした。


 

使用感

泡立たないのに洗いあがりはさっぱり。
つっぱることも特になく、気持ちよく使うことが出来ました。

 

それでいて、顔全体が軽くなったような感じがしました。


 

QuSomeローション

医学誌に掲載された化粧水なので、一番使ってみたかったのはここだけの話(笑)
はたして、本当に潤うのか?ジャッジしていきます。

 

テクスチャ・香り

手に取った感じはサラサラ。香りも無く、日常使いしやすそうな印象をうけました。

 

使用感

手に取ったときは感じませんでしたが、肌につけるともっちりとします。不思議!

 

これが潤ってるってことなのかも!


 

特にべたつくこともなく、部分的にカサつきやテカリが発生することも有りませんでした。

 

⇒ビーグレンホワイトケア(トライアルキット)を見てみる

 



 

Cセラム

即効性の高いピュアビタミンがぎゅぎゅっと配合されている美容液。口コミの評価が一番高いように感じました。果たして、その真偽はいかに!?

 

テクスチャ・香り

透明でオイルのようなテクスチャ。手に取った瞬間からポっと温かくなり、テンションが上がります。
特に変な香りはしませんでしたが、成分独自の香りが少しだけ感じられました。

 

とはいえ、すぐ消えていったのであまり気になりませんでした。


 

使用感

顔全体がじわっと温かくなる美容液でした。しつこく残ることも無く、数秒で抜ける感じが面白い!
ローションだけでも潤った感じがしたので、浸透するか心配でしたが、こちらも面白いほどに肌にぐんぐん入り込んでいきました。

 

オイルのようなテクスチャでしたが、べたつくこともありませんでしたよ


 

QuSomeホワイトクリーム1.9

ナイトクリームなので夜のみ使用。
使うごとに澄み切った肌へと導いてくれるんだとか!ちょうど肌荒れがひどかったのでジャッジのし甲斐がありそうです(笑)

 

テクスチャ・香り

口コミにかかれているような、にんにくの香りはしませんでした!(笑)
とはいえ、完全に無臭ではありません。ハイドロキノンの香り?なんでしょうか。私にはマヨネーズを薄めた香りのように感じました。

 

香りはすぐに消えますが、敏感な人は現品購入よりトライアルから試した方がいいかも。


 

テクスチャは乳液に近いゆるさ。これは伸ばしやすくてコスパが高いかも♪

 

使用感

みずみずしい使用感。最後に使うアイテムなのに、過剰にねっとりしないのはいいですね。とても使いやすいです。チューブタイプなので、衛生的なのも個人的には良かったです。

 

乳液みたいでお手入れが楽でした♪


 

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

朝も夜も使える、シーンを選ばない濃厚なクリーム。今回はナイトクリームも同梱されていたのでコチラは朝のみ使用しました。

 

テクスチャ・香り

無臭。成分の香りも特になし。
リッチクリームというだけあって、こっくしとしたコールドクリームのようなテクスチャ。果たして、私のオイリー肌には合うのでしょうか。

 

使用感

肌につけると、滑らかに浸透していきます。まるで、トーストに溶けていくバターのよう!肌にスッとなじんでいき、朝使っても化粧崩れすることはありませんでした。

 

とはいえ、量を加減しないと顔がツヤ・・というよりテカテカになります(笑)


 

ギトついてるわけではないんですが、リキッドファンデの場合は加減が必要かな?と感じました。パウダーファンデとは相性が良かったです。

 

⇒ビーグレンホワイトケア(トライアルキット)を見てみる

 



 

トライアルセットを使い切っての感想と総評

使い切って思ったのは、とにかく肌が滑らかになっていたこと!
保湿には気を使っていたのですが、まだまだ肌はうるおいを欲していたようです(笑)

 

フワフワしていて、肌に触れるたびにニッコリ。


 

肝心の美白効果は1週間では感じられませんでしたが、逆に言うと1週間でここまでふわふわになるなら、気に入った商品だけでも現品買いで継続していこうかな?と思えました♪

年齢に応じて、肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)は異なります。完全に美白効果を実感するなら、年齢に応じた期間は使ったほうがいいかもしれませんね。

年齢 ターンオーバー周期日数
10代 20日
20代 28日
30代 40日
40代 55日
50代 75日
60代 100日

(参考サイト:美容皮膚科 木本整形外科クリニック

 

 

今回は、意外にもマヨネーズの香りのするナイトクリームが気に入ったのでポチしてしまいました(笑)

 

◆画像◆

 

 

なんとなく?ニキビにも効果があったような気がしました。もうちょっと付き合ってみようかな。


 

お気に入りのアイテムが見つかるのが、お試しセットの良いところですね!

 



 

⇒ビーグレンホワイトケア(トライアルキット)を見てみる

 

使い切って感じたデメリット

せっかくなので、メリットデメリットもまとめてみました。まずはデメリットから上げていきますね。

  • アイテム数が多い
  • クリームを使い分けないといけない

 

ふだんオールインワンゲルを使っている身としては、化粧水⇒美容液⇒クリームの手間が少し長く感じました。

 

◆画像◆

 

また、寝ぼけてナイトクリームを朝使いそうになってしまうことも・・でも、それは工夫して防ぎました(笑)

 

使い切って感じたメリット

  • 手入れが楽しくなった
  • 化粧ノリがよくなった
  • トライアルでも肌の抜け感を感じられた

 

初めて使った翌朝から、肌がやわらかくなりました。そのせい(?)か、手入れが楽しくなりました。化粧ノリが良くなり、お手入れが癒しの時間に♪

 

最初は面倒だったのに(笑)


 

抜け感が出たっていうんでしょうか。肌コンディションがよくなってテンションがあがりました(*´ω`*)

 



 

おわりに

以上、ビーグレンホワイトケアの口コミと、実際に購入してみた感想について解説してみました。

 

期待していなかったナイトクリームがまさかのヒット!だったので、トライアルを試してみてよかった!というのが率直な感想です。

 

 

やっぱりライン使いできるというのは大きいね!


 

いきなり現品購入もアリですが、肌に合わなかったらお金も時間ももったいないので、気になる方はぜひ、返金保証もあるトライアルから始めてみてはいかがでしょうか?

 

意外なアイテムが気に入るなんてこともあるかもしれませんよ?

 

スキンケアアイテムも一期一会ですね♪

 

⇒ビーグレンホワイトケア(トライアルキット)を見てみる